メニュー

花粉症とアレルギー免疫舌下療法

花粉症とは

花粉症とは、花粉によるアレルギー性鼻炎・結膜炎をさします。

例年2月~4月頃のスギ花粉・ヒノキ花粉によるアレルギー、少し遅れて始まる4月~6月頃のカモガヤなどイネ科植物によるアレルギーにより、くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみ・流涙といった目や鼻の症状に悩まされます。

 

原因アレルギー物質はなにか

アレルギー性鼻炎・結膜炎は、花粉だけではなくダニやハウスダストなどでも発症します。

診察だけでアレルギー物質を特定することはできませんが、血液を調べるとでアレルギー物質をはっきりさせることもできます。頻度の高い36種類のアレルギー物質を調べます。

 

通常の治療方法

鼻症状には飲み薬と点鼻薬を使用しますが、目には点眼薬を使用します。飲み薬と点鼻薬では目の有効濃度に達しないからです。どの治療薬にも即効性に乏しいものが多いので、症状がでてから治療するよりも、でる前に治療するほうが、より効果的です。

 

アレルギーの免疫舌下療法

当院では、通常のアレルギー治療だけではなくアレルギーの免疫舌下療法も行っています。

これはスギ花粉を含む錠剤、ダニ抗原を含む錠剤を舌の裏に1分間のせた後に飲み込む治療方法です。ごく少量のアレルギー物質を使用することで、アレルギー反応そのものが起こらないように完治を目指す治療方法です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME